会社概要

会社名:
株式会社 赤塚植物園
資本金:
3,500万円
代表者:
代表取締役社長 赤塚耕一
従業員数:
210名(グループ合計)
事業内容:
園芸植物の生産・卸販売、小売販売、貿易業務(種苗、園芸資材等) バイオテクノロジーによる植物の増殖
所在地:
〒514-2293
三重県津市高野尾町1868番地の3
設立:
昭和47年4月
TEL:
(059)230-1234(代)
FAX:
(059)230-0576

ページトップ

沿革

1961年
赤塚植物園を創業
サツキの大量生産開始
1964年
洋ラン(シンビジューム)の苗1500本をカリフォルニアから輸入。栽培に着手。
本田技研の工場敷地内を借地、サツキの生産開始
1966年
洋ランのメリクロン技術の研究に着手
1967年
洋ランのメリクロンに成功、大量生産に入る
1967年
安濃農場(第1農場)開設 (1万坪)
1969年
大阪万博会場へサツキの販売
1971年
農業法人アカツカファームを設立
新社屋建設
三重県企業進出調査団としてブラジルを視察
1972年
(株)赤塚植物園を設立
米国より西洋シャクナゲの苗木の輸入を開始
ブラジルに(有)ブラジル赤塚植物園を設立
洋ラン「スカーレット」を発売。郵便による宅配をスタート
1973年
フラワールームをオープン
高松宮親王殿下のご来園を賜る
1974年
(株)ハワイ赤塚植物園を設立
洋ランの生産販売を行う。
米国に(株)ユーアンドアイ・ナーセリーを設立
洋種ベニカナメを輸入
1977年
吊り鉢用観葉植物「ボストンファーン」で松下電器産業様に協賛
ブライダルベールを大量生産、販売
1979年
ラブリーパックの商品化
デンマークカクタスの生産販売
1980年
昭和天皇に洋ランの組織培養の実演をご高配賜る。
1981年
幸福の木の輸入スタート
1982年
東京営業所設立
1988年
シュライナーズガーデンよりジャーマンアイリスを5万球輸入。
1989年
カルミアの組織培養に成功
1992年
赤塚充良(現会長)が黄綬褒章を受章
1993年
研究をつづけてきた水をFFCと命名
1995年
赤塚充良(現会長)がNHK「人間マップ」に出演
1996年
直営園芸専門店 アカツカFFCパビリオンが完成する。
1998年
シャクナゲ「スーパーローディ」を発売
2002年
㈱アカツカナーセリー・タイランドを設立
2004年
ブラジル オザスコ市長が来園
2010年
赤塚植物園グループ総業50周年記念式典開催

ページトップ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • FFCパビリオン情報
  • FIVE STAR FLOWER SHOP
  • おかげさまで、五星認定店に
    選んでいただきました。
  • facebookページへ
  • 園芸専門店 FFCパビリオン
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-2121 受付時間  10:00~18:00 火曜日定休 ※店舗直通のため、繁忙期はお待たせすることがございます。
  • Flower Shop 花の音情報
  • 通信販売 Flower Shop 花の音
  • Flower Shop 花の音 メルマガ登録
  • お電話でのお問い合わせ・ご注文 059-230-1234 受付時間  平日 10:00~18:00 ※お電話の際は、交換手に『通販のことで』とお伝え下さい。

私たちは、日本中の元気を応援しています。一日も早い復興を心よりお祈りしています。

赤塚植物園に関する、総合ご案内窓口 059-230-1234 受付時間 平日 9:00~18:00 園芸専門店FFCパビリオンへは059-230-2121 火曜日定休 10:00~18:00

推奨環境
このサイトを快適にご利用いただくために、InternetExplorer 7以上、FireFox最新版、Safari最新版、Chrome最新版を推奨いたします。
Javascriptは必ずONにしてご覧ください。